KIYOIFLAME<キヨイフレイム>では、「火のある暮らし」をコンセプトに暖炉・薪ストーブをはじめ、アウトドア用品やインテリアグッズ等、様々な商品を扱っております。

屋外では薪で火を熾し焚火を楽しんだり、屋内ではバイオエタノール等を使用したキャンドルで炎を眺め、暖炉や薪ストーブでは薪が静かに燃え上がり、 柔らかな温かさが広がる中で料理をしたり、くつろいだり...

毎日の暮らしを豊かにする、HYGGEな空間をプロデュース致します。


 

「琉球タグ」がスタートしました!

2022/12/03


この度、KIYOIFLAME.沖縄のwebショップでは「琉球タグ」のカテゴリーがスタートしました。
沖縄ならではの特産品や珍しい商品を、皆様にご提案してまいります。


第一弾は“琉球錫器(りゅうきゅうすずき)”のご紹介です。


かつて沖縄には、300年以上も続いた錫工芸の文化がありました。
銀白色で美しく、お酒を美味しくさせる錫は珍重され、祭祀道具や酒器として大切に扱われてきました。
しかし100年ほど前にその技術は途絶えてしまいます。

その琉球錫器を、沖縄にルーツをもつ「金細工(カンゼーク)まつ」様が復活させました。

工房では琉球金工品の研究や復元制作のほか、琉球錫器文化の新しいカタチを提案されています。
ワークショップでは制作体験だけでなく、琉球錫器の歴史を今に伝える活動にも取り組まれています。


「金細工(カンゼーク)」 沖縄の方言で金属工芸を意味しています。
「まつ」 祖父のお名前から。


ご紹介します商品は、ユニークな姿と動きで、海の中の人気者のチンアナゴのカードスタンドリングスタンドです。



金へんに易しいと漢字で表す通り、錫は加工がしやすい金属です。
チンアナゴを曲げて、自由にポーズをとらせる事が出来ます。



お部屋の中に可愛い海の仲間がいたら、ついニッコリしてしまいそうです。



沖縄の県花であるデイゴ。そのデイゴの葉を一枚一枚うつしこんだデイゴのです。



葉皿も純錫で柔らかいため、自由に形を変えて楽しむことができます。
お皿のうえに、生き生きとした葉脈が広がっています。



純錫製ですので、食器としても安全にお使い頂けます。


皆さまの暮らしに、琉球錫器の輝きは如何でしょうか? 

 

お知らせ一覧